Home > メディア掲載記事 > 日刊工業新聞 04年9月29日号

日刊工業新聞 04年9月29日号

次世代旅客機「A380」生産
新たに3社が参画

欧エアバスは28日、次世代大型旅客機「A380」の生産プログラムで、新たにミネベア、昭和飛行機工業、コミーの3社が参画すると発表した。また横浜ゴムとも新規パーツ契約を結んだ。

これにより日本の参画企業は21社となり、売上高効果は合計46億ドル以上になるとしている。

ミネベアは「ロッドエンド・ベアリング」など、昭和飛行機は「ハニカム」、コミーは「手荷物棚ミラー」を供給する。また 横浜ゴムは貯水タンクなどの供給に続き、胴体腹部のフェアリング向けプリプレグを納入することで合意した。
A380は標準 555 座席を装備。 06年に就航する予定で、現在、13社から139 機を受注・内定している。プログラムには三菱重工業、富士重工業、ジャムコ、三菱レイヨンなども参画している。