Home > メディア掲載記事 > 日刊工業新聞 2003年4月18日

日刊工業新聞 2003年4月18日

ファイルいい話──

平面特殊ミラー

コミー(埼玉県川口市、小宮山栄社長、048-250-5311)が販売する航空機の手荷物入れ忘れ物確認用ミラー「FFミラーエア」が97年2月に出荷開始以来、6年余で出荷台数2万台を突破した。仏エアバスや米ボーイングにスタンダードオプションとして採用されたことで普及速度を一気に高めた。エアラインや航空機内装品メーカーなど、納入先は世界中に広がっている。

この製品は、平面でも凸面鏡と同じように広い範囲を写せるようにした特殊ミラーで、航空機用に軽量化、 耐燃焼性などを向上した。手荷物入れ用のほか、客室乗務員の乗客確認用ミラーとしても使われている。

航空機搭載への厳しい品質検査をクリアしただけに、商品クレームがゼロというのも自慢の一つ。納入先の追加注文に加え、新規採用の引き合いも増加傾向にあるそうで、海外マーケティングスタッフも急募、拡販体制を整える。

(さいたま)