Home > メディア掲載記事 > 日本工業新聞 2001年8月16日号

日本工業新聞 2001年8月16日号

今こそモノづくり──

独創技術、いざ世界へ

寝ても覚めても死角ないミラー

日本工業新聞 記事シェア80%――。防犯・安全ミラーのトップメーカー、コミーは、表面が平らなのに、凸面鏡のように視野角が広いFFミラーで顧客を獲得してきた。

キャッチフレーズは「死角を生かす気くばりミラー」。小宮山栄社長は「死角をなくすミラーを寝ても覚めても考えている。十数年の蓄積があり、まねできない。ライバルもいない」と言い切る。

この徹底ぶりが、万引防止用の必需品として流通業界の支持を得たほか、航空会社からは飛行機の手荷物入れの内側に取り付けることで荷物の置き忘れや不審物の点検が容易になると高い評価を得た。すでに1万台以上を納入、今や飛行機向けミラーの定番となった。(抜すい)