Home > 活用分野(飛行機) > 谷口 潤様

谷口 潤様

SAS機内の様子。
通路から手荷物入れがよく見える

「あっ!」ミラーに映った私のキーケース。

FFミラーのおかげでなくさずにすみました。

「私は仕事の関係で月に2~3回、海外出張があり、SAS(スカンジナビア航空)も年に10回くらい使っています。大型旅客機は高いところに手荷物入れがついており、私は降りるときにいつも手探りをして中を確認します。
1年くらい前に、成田-コペンハーゲン間でSASを利用したときの事です。
コペンハーゲンの空港に到着して降りようとしたとき、前方席の人が降りるのを通路に立って待っていました。
ふと辺りを見回すと、上方にチラッとキーケースが見えました。よく見るとミラーに映った私のキーケースでした。かばんの中に入れておいたのが、手荷物入れの中で飛び出てしまったのでしょう。

ミラーのおかげでキーケースをなくさずにすみました。
手荷物入れの中にミラーがついているなんて知りませんでしたが、非常に役に立ちました」

谷口 潤様

予期せぬ”出会いの喜び”

江川ネットワーク(江川朗先生主催の経営者のための勉強会)で、コミーが「FFミラーのメーカーです」商品を見せて自己紹介したときのことです。聞いていた谷口さんがビックリされて、上記のような話をしました。
コミーも感動!!なぜなら、FFミラーエアが「客室乗務員の確認作業に役立っている」ことは聞いてました。しかし、目の前の乗客の立場の人が、我が商品について「役立ち、助かった」と話してくれたからです。しかも、遠いヨーロッパの出来事を・・・。