Home > 活用分野(飛行機) > ソラシドエア様

ソラシドエア様

SNA機内 手荷物入れ(ビン)内

「FFミラーで時間のロスがなくなりました。
今までは、座席のステップに上り、ビンの中を点検していました」

コミーのFFミラーを設置してから、身長が比較的低い客室乗務員でも、手荷物入れ(ビン)の中をFFミラーを使うことにより短時間で正確に点検でき、客室乗務員からは「今までは、座席のステップに上ってビンの中を点検していたので、時間がかかっていました。FFミラーのおかげで時間のロスがなくなり、大変役立っています」また、「最近ではお客様もご利用になられているようです」と好評です。

ソラシドエア様

T.A.T.の短縮問題

(写真:B737-400型機)

(株)ソラシドエアは、2002年8月より東京(羽田)ー宮崎間を1日往復12便(2機)運行しております。過密運航スケジュールにより各便のTurn Around Time(航空機の離発着間の点検整備時間)を40~60分で設定しており、客室乗務員は限られた時間で機内の手荷物入れ(ビン)の中をチェックしなければなりません。